家の中の困る水のトラブルの作業事例

■トイレで困る水のトラブルの作業事例

トイレの水のトラブルで困る事例はタンクの水が止まらない、トレイの床が濡れる、ウォシュレットの水漏れなどがあります。トイレタンク内の修理作業は、ボールタップやフロート弁を元に位置に戻すだけで水が止まることがあります。改善しなければ各パーツが劣化していないか確認し、必要があれば交換します。トイレの床が濡れるのは便器の設置不良や、便器と床下のパイプを接合するパテの劣化などが考えられます。
パテの劣化が軽度であれば、ホームセンターでパテを購入し、自分で取替作業を行うこともできます。ただし、便器を正しい位置に設置する必要があるので、難しければ専門業者に依頼してください。ウォシュレットの水漏れは細かい部品の劣化であることが多いです。ノズルからの水漏れが多く、交換するときはメーカーに問い合わせることが必要です。操作パネルの下や便器の脇から水漏れしている場合は業者に連絡します。

■洗面台で困る水のトラブルの作業事例

洗面台の水のトラブルで困る事例は排水口が詰まって流れが悪い、洗面台の下の給水管や排水管からの水漏れなどがあります。洗面台の排水口の詰まりは髪の毛や石鹸カス、ヘアピンなどの小物が原因として考えられます。髪の毛や石鹸カスなどの汚れが原因であれば、ワイヤーブラシや洗浄剤で汚れを落とす作業を行います。ヘアピンなど固形物が原因であればラバーカップなどを使って固形物を取り除き、予防対策としてヘアキャッチャーなどを利用します。
洗面台の下の水漏れは排水パイプのトラップの接合部分や排水管に原因があることが考えられます。トラップの水漏れは詰まりが原因であることが多いので、液体パイプクリーナーで詰まりを解消します。排水管の水漏れも詰まりが考えられますが、市販のワイヤーで作業をすると傷つける恐れがあるので、専門業者に依頼することをおすすめします。

■浴室で困る水のトラブルの作業事例
浴室の水のトラブルで困る事例は蛇口から水が出ない、水漏れする、排水口の詰まりによる逆流などがあります。蛇口や水栓からの水漏れはパッキンの劣化、接合部分のゆるみなどが原因です。壊れた部品を交換するか、ゆるんだパーツを締め直す作業を行い、それでも直らなければ蛇口本体の交換が必要になります。
排水口の詰まりの多くは髪の毛や石鹸カスで、身体を洗ったり、シャンプーをしたりすることでどうしても詰まりやすくなってしまいます。液体パイプクリーナーで定期的に清掃し、排水口にはネットを設置してトラブルを軽減するようにしましょう。定期的な清掃をしても詰まる場合は、業者に対応してもらうことも方法の一つです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ