家庭内の設備で困る水のトラブルと作業

■トイレで起こる水漏れのトラブル

水のトラブルの中でも困るのが、トイレで起こった場合です。生活に欠かせないトイレでは、水が止まらないような困る状況が起こることがあります。水漏れにもいろいろな種類があり、ウォシュレットから水が漏れてくるのは、被害が広がりやすい状況です。また、タンクの中から水が漏れる場合があります。大量の水を蓄えているタンクでは、水量の調節ができるようになっていますし、レバーと連動して排出もできる装置です。多くの部品が使われていることから、その箇所が劣化してしまうと水漏れを起こします。交換してしまうことが一番簡単ですが、位置がずれているだけの場合もあるため確認作業が大切です。排水管との接合部分に劣化が見られ、漏れてくるケースもしばしば見られます。

■髪の毛がつまることがある洗面所の排水管

水を使う設備として洗面所がありますが、給水管だけではなく、排水管の問題も気をつけておかなければいけません。排水管がつまってしまう原因はいろいろとあります。髪の毛や石鹸カスといったものは、付着してしまい排水管内をどんどんと狭くします。汚れがさらなる汚れをよび、絡み合っていくため、早めの除去が必要です。中は見えないため、定期的な洗浄をして対応できる場合もでてきます。
もっと大きな固形物が落ちてしまったときもつまるのが予想されます。ヘアキャッチャーのようなものを取り付けておくだけでも落下予防できるため便利です。
排水管内を清掃するのであれば、パイプクリーナーなどの市販されている商品で対応もできます。また、業者に依頼して排水管を外して直接作業する方法も考えられます。ワイヤーブラシを挿し込む方法もできますが、やり方によって排水管内に傷をつけてしまうため、業者に作業してもらうほうが確実です。

■洗濯機も注意が必要
洗濯機周りなども、注意を払う必要があります。多くの水を使いますが、汚れや糸くずなども絡みます。その分排水管に負担がかかりやすくなるため、定期的に点検や手入れが必要です。本体から伸びている排水用のじゃばらホースもチェックしておくといいでしょう。途中でひび割れたりするなど破損している場合もあり、破損がひどくなれば大きな水のトラブルにつながります。
洗濯機は水道設備ではなく家電製品であるのを忘れてはいけないことです。機械の内部で問題が起きていると、漏電や感電など修理作業に危険が伴います。コンセントを抜き電気を切るだけで安全とは限らないため、専門業者に依頼して修理してもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ