困る給湯器の水のトラブルと部品の関係

■給湯器で水のトラブルが起きたとき

水のトラブルにはいろいろなものがありますが、給湯器で起きることも予想しておかなければいけません。部品が何らかの問題で破損したときには、水漏れも起きてしまいます。非常に困る状況ですが、使っているうちに部品も劣化が進みます。長年使い続けてきたのならば、修理ができるのかも確認しなければいけません。部品を交換すれば直るのは確かですが、本当に交換できるのかどうかの問題があります。
自分で交換を考えている場合には、さまざまな面で危険性が高いのを理解する必要があるでしょう。給湯器の故障も困る水のトラブルのひとつですが、使われているのは水だけではありません。電気やガスなどを使って、エネルギーとして使いお湯を作り出しています。設置にも資格が必要で、電気やガスの知識を持っていなければいけません。目に見えないエネルギーを相手にする以上、交換するときにはリスクが出てくるからです。感電やガス中毒といった問題がある以上、必ず知識のある専門業者に依頼して点検から始める必要があります。

■部品はいつかなくなる

部品の交換という問題で出てくるのは、手に入れることができるかどうかがあるからです。部品が手に入るのであれば技術も必要ですが、破損したものと交換できるでしょう。これによって水のトラブルの原因を取り除くことができますが、いつでも手に入るわけではありません。専門業者に修理を依頼すれば大丈夫と思いがちですが、部品は汎用的なものでなければ、いつかは生産が終わります。生産終了とともに修理したくてもできなくなってしまうのが大きな問題です。新製品として生産が始まると部品も作られていきますが、ここから約10年で供給は終了します。設置からという面で考えれば、発売と同時に取り付けても10年後あたり、一般的には7年後あたりから修理が難しくなります。

■寿命と理解する
給湯器の水のトラブルが起きたときには、部品の老朽化が原因の場合、次々と起こる可能性があります。経年劣化が起こりやすい場所があるのも確かですが、ほかの部品でも同様に劣化が進むためです。そのため、総合的に点検して異常がないのか確認する作業も必要になってきます。あまりに故障個所が出てきた場合や、部品の供給が終わりつつあるような状況の時は、交換も考えておくと安全です。ある意味でなおすことができない状況として、寿命ということも理解した方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ