困る水のトラブルで冷静に対応するためには

■元栓の位置は確認しておくべし

普段当たり前のように使っている水ですが、トラブルが発生すると非常に困ります。実際に水のトラブルが発生して、どうしたらいいかあたふたしてしまう人も少なくありません。このような時に速やかに対応できるかどうかが、被害を拡大させないためにも重要なポイントになります。平時からいざという時にどう動くか、空いている時間を利用してシミュレーションしてみましょう。
まずは、自宅の元栓の位置を確認しておきます。元栓がどこにあるのか知らないという人もいます。一戸建てであれば、屋外のボックスが地中にあって、そこに設置されていることが多いです。集合住宅の場合、玄関近くにあるパイプの設置されているケースの中というのが一般的です。元栓さえ閉めれば、被害の拡大はとりあえず抑制できるケースが多いです。

■集合住宅の場合階下に知らせることも大事

集合住宅で水のトラブルが起きると困るのは、自分が被害者でなく加害者になってしまう恐れのある点です。床を濡らした水が階下の部屋の天井に染み出して、雨漏りのような状況になりうるからです。
床にまで漏れ出している場合の対応として、速やかに階下の住人に伝えることも大事です。すぐに階下の人に伝えれば、漏れの箇所の下にある家具や家電などを動かして損害の程度を最小限に抑制できます。水漏れの被害が拡大すれば、相手に与えるダメージも大きくなり、その後の損害賠償問題へ発展する可能性もあります。また住民トラブルのきっかけにもなりますので、速やかに伝えるように心がけておきましょう。

■賃貸物件の場合は管理会社への連絡を
賃貸物件で水のトラブルの発生した場合、解決義務は建物の所有者である大家さんや管理会社が背負います。ですからいくら困るといっても、自分で修理業者などに連絡しないほうがいいです。まずは管理会社に連絡を入れて、どう問題を解決すればいいか、流れの説明を受けましょう。その指示通りに対応することが求められます。
管理会社や大家さんに無断で修理すると、本来彼らが負担すべき費用を住人が支払わないといけなくなるかもしれません。ただし、深夜や早朝に水漏れなどの問題が発生することも考えられます。この場合、管理会社や大家を呼ぼうとしてもすぐに連絡が取れない可能性があります。そのままにしておくと、被害はどんどん広がってしまいます。緊急を要する場合は、自分で業者の手配をしても問題はないでしょう。費用をいったん立て替えて、領収書を管理会社に渡して代金を支払ってもらう方法をとります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ