困るトイレの水のトラブルでの修理作業

■使用頻度の高いトイレのトラブル

家庭の中だけではなく、職場でも水のトラブルが起きると困る状態になります。修理にはさまざまな知識や作業が必要となりますし、時間もかかります。プロに依頼して修理してもらうという選択は、素早く機能を回復させられることからも、おすすめな方法です。
水のトラブルの中で、最も多いといわれているのがトイレです。使用頻度の高さから、どうしても部品の損耗が激しく、故障の原因につながります。複雑な構造を持っているところも故障しやすいポイントで、給水管や排水管だけではなく、水を溜めておくタンクやウォシュレットなどもトラブルが起きる原因となります。
水が漏れている状態は、驚くほど水道代の請求がきて初めて気がつくケースもあります。掃除するときなど、こまめに点検しておくことが、問題点の早期発見のコツです。


■タンクの中をチェックする

トイレの水のトラブルでは、さまざまな場所をチェックする必要があります。可能性として高いタンクの中は、便器にちょろちょろと流れて止まらないときに重点的に確認します。
タンクの中には常に水が蓄えられていますが、ちょろちょろと流れだしていても、供給が続きます。つまり、永遠に流れ続けていくという困る状況になるため、早急に修理しなければいけません。タンクの下部にある栓や浮き球の位置など、調べる場所はいくつもあります。特にゴムのパーツは、劣化すると機能を果たせなくなるため、問題がないか調べておきましょう。触ったときに黒く跡がつくようなときには、劣化が進んでいる可能性があります。
作業としては、部品を外してそのまま交換するだけです。浮き球のように調整が必要な場所は問題が解決できるように合わせなければいけません。

■排水管の接続部分のトラブル
トイレの困る水のトラブルの中でも、問題が大きくなってしまうのは、本体に関する部分です。排水管はトイレの下部や背面に取り付けられていますが、この周辺から漏れてきていると深刻な状態といえます。使用済みの廃水が漏れてきているという状況だけでなく、修理作業にかなりの手間がかかるためです。
排水管には、ゴム製のパッキンが取り付けられ、漏れださないような仕組みがとられています。このパッキンが傷んでいるのであれば、交換すれば直りますが、取り外しは簡単ではありません。床下に配管がつながる場合には、便器を外さなければいけないケースもあります。背面でも、配管を取り外すなど、専門的な作業が必要です。費用も掛かりますので、早めに業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ