水のトラブルで困る給湯器

給湯器で起きる水のトラブルは、いろいろなことが想定できます。内部で部品が劣化したときでも、水漏れが起きてしまいます。こうした状況で困るのは、お湯が使えなくなることでしょう。修理ができるのであれば対応もできますが、長年使い続けていると、修理よりも、給湯器 交換のほうが効率的なことも出てきます。安全で確実に使い続けていく方法を考えなければいけません。

■大きな問題になる水漏れ

給湯器からの水漏れは、かなり大きな問題を抱えています。少量の水が漏れて流れてくるのではなく、大量の水漏れが判明したときには、まず使用をやめて給湯器の電源を切らなければいけません。電気が流れていると、感電する可能性もあるため、電気を切ることが大切です。
水漏れが大きな問題となるため、給水を止めなければいけません。止水栓を締めて供給を止めるか、元栓から遮断してしまいましょう。この間は困ることとして、水が供給されないためお湯は使えません。できるだけ早期に修理するために、専門業者に依頼しましょう。内部の構造は細かく、素人では判断も修理もできないからです。

■給湯器の修理は大変危険

給湯器は、電気やガスを使う設備で、大変危険が伴います。そのため、給湯器 水漏れを起こしていても、自分で修理は考えないようにするべきです。漏電だけが問題なのではなく、内燃機関を持っていれば、水がかかることで不完全燃焼にもつながるでしょう。電気の知識があれば、いかに危険かがわかるでしょう。ガスの知識があれば、不完全燃焼でガスが流れてくる状況も理解できるはずです。
給湯器は、漏電と不完全燃焼という2つの問題が同時に起きる可能性があります。給湯器からガス管を取り外し、修理をして取り付けなおすときには、ガス可とう管接続工事監督者の有資格者でなければ交換することができません。危険性の高い作業になるため、専門業者に行なってもらいましょう。
給湯器内部の部品が経年劣化してしまった場合、給湯器の寿命がきている場合もあります。10年程度使ったものなら、給湯器の交換も考えておきましょう。

■まとめ
給湯器から大量の水が漏れてくる状など、水のトラブルの状態によっては素人ではまったく修理ができないことも出てきます。複数の所で異常がみられるようなときにも、多くの手間がかかってしまうでしょう。たびたび修理が必要となる状況となるよりも、交換してしまう方が効率的で安上がりです。給湯器を新しくすることで、故障の心配もなくなりますし、省エネで使いやすくなるため、考えてみた方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ