水のトラブルで困るときの対応策

■水のトラブルには修理業者が強い味方

水のトラブルの内容としては、排水管からの水漏れ、トイレの流れが悪い、湯沸かし器の故障などが挙げられます。排水管であればパッキンの劣化、トイレであれば異物がつまっていることが原因である可能性が考えられます。
このように原因がある程度分かっていても、素人ではどうにも対応できないことがあります。特に深夜ともなれば、どこに頼っていいのか困るものです。そういったときに頼りになるのが水道の修理業者です。
今は24時間いつでも依頼を受けてくれる業者もあり、時間が経つほど被害が大きくなりがちな水のトラブルには心強い存在です。何か起きてからではなく、日ごろからそのような修理業者を確認しておくと良いでしょう。

■水のトラブルは一ヶ所だけではない可能性がある

水のトラブルの中には自分でできる修理もありますが、思いもよらない箇所にまで影響が広がっている可能性もあるため、対応には困るものです。排水管の耐用年数は10年程度と言われているため、トラブル箇所がひとつだと思っていても、今後他の箇所でトラブルが起きる可能性は十分にあります。
排水管のパッキンの交換程度であれば、ホームセンターで新品を購入し取り換えるだけですが、その作業だけで安心することなく他の箇所も点検をする必要があります。修理業者はトラブルを解決するだけでなく、トラブルを未然に防ぐために点検もしてくれます。プロでなければ分からないものや、専用の道具や知識、技術が必要なケースもあります。水回りで少しでも異常を発見したら、修理業者に対応を依頼すると安心です。

■止水栓を締めて修理業者を待つ
水のトラブルは実際に起こってしまうととても困る事態になるため、一刻も早く修理業者に依頼しましょう。修理業者が来るまでの間、どうにか自分で対応しようと修理を試みてはいけません。被害が広がる恐れがありますし、更なる故障の原因ともなりかねないためです。ただ、水漏れやつまりは放っておくとどんどんと床に染みていくため、止水栓だけは素早く自分で締めるようにしてください。
止水栓は水道メーターのボックスの中にあり、これを捻るだけで水は止まります。応急処置として簡単な方法であり、なおかつ被害は最小限に抑えられますので混乱せず確実に行いましょう。
水のトラブルはプロに任せるのが最も賢い選択であるため、止水栓を締めた後は色々な箇所を勝手に触らず、そのままの状態にしておきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ