水のトラブルが起きると影響が大きく困るトイレ

■トラブルの多いトイレ

水のトラブルで困る場所は、多岐に渡ります。毎日の生活の中で使う機会が多い場所となれば、どうしても早く修理をしなければなりません。これは家庭内だけではなく、職場でも同様です。自分たちで修理をする方法はいろいろとありますが、業者に依頼して直してもらうのは、迅速に改善できる選択となるでしょう。
水のトラブルはいろいろな場所で起きる可能性があり、中でも多く発生しがちなのがトイレです。設備として構造が複雑な箇所があります。利用する機会の多さからも消耗や劣化の進みが早いため、故障に至るケースもあります。
給水管や排水管に使われている部材の劣化もありますし、タンクの内部の故障など、水のトラブルを起こしやすい場所が複数あるのも特徴です。確認をするときにも、複数の場所から切り分けしていく必要があります。

■水漏れが起きやすいタンクの内部

よく起こるトイレの水のトラブルに、自然と水が流れ出てしまう状態があります。トイレのタンクの特徴として、流れ出した分の水は補給するように作られています。使用した後に水を流したら、タンク内部に自動で水が溜まっていく仕組みとなります。
問題は、トイレを使用したタイミングだけでなく、水漏れなど水のトラブルが発生しているときにも水が流れていくことです。修理をしなければ、このまま止まらずに流れ続けてしまいます。当然、使ったものとして水道代も請求されますので、高額の請求書が届く可能性があります。
修理の方法としては、タンクの内部に使われているゴムパッキンなどの交換があります。簡単にできる部分もありますが、バルブのように取り付けと調節が必要な部分もあるため、難しい時にはプロの業者に修理してもらった方が確実です。

■本体の異常は修理が難しい
タンクだけではなく、本体から漏れてくる場合もあります。漏れている場所がどこであっても、水のトラブルとしてかなりの影響を与えます。本体に異常がある場合には、ほぼ修理ができません。
困ることに陶器で作られているトイレの便器は、ひびが入っても補修する方法がほとんどありません。パテなどで埋める方法はあるものの、素材として違うものになるため、恒久的な補修は不可能です。配管同士のつなぎ目なども他の排水管と同様に、パッキンを交換するとしても容易には修復できないところが難点です。
正確にどこで問題が出ているのか調査をすることが必要です。専門的な知識が重要となるため、本体の異常があると思ったときには、プロの業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ