水のトラブルの放置は風水的にも困る

■風水と水の関係

風水は日本でも広く知られる存在になりました。部屋の模様替えをするときにその考え方を参考にしている方も多いでしょう。風水とは諸説ありますが、蔵風得水をルーツにしているという話があります。これは最も気が溜まる理想的な地形のことで、水を得、風を防ぐような形状を表しています。水を確保することが、いかに風水上重要かということをうかがわせます。
風水というと、どの方角にどの色の小物を置くといいといった開運方法に注目が集まりがちです。しかし実際のところ、基本は水と風通しにあるといえます。水周りを含めた間取りや設備に問題があれば、家の中になかなか良い気がたまりません。もし水のトラブルに見舞われてしばしば困るようであれば、間取りなどを見直してみて、開運するような部屋のレイアウトに変更してみるのもいいかもしれません。

■トラブルをそのままにしておくことは凶

風水的に見て、水漏れなどのトラブルをそのまま放置しているのは良くないという考え方があります。水周りの設備は、風水では健康や美容など身体に関するエネルギーのある場所だとされています。もし家族が体調不良で困るような状況が続いているのであれば、水漏れを放置していることがその一因である可能性があります。また、金運にとっても大きなマイナスです。水漏れとは、財産を漏らすという意味合いがあります。金運が低下し、家族に多くの不幸を招きかねないと考えられています。水のトラブルが起きているのであれば、速やかに修理業者を呼んで適切に対処してもらいましょう。

■普段の心がけで運気をアップ
キッチンやトイレなどの水周りの設備を、きれいにしておくことで良い気がたまると風水では考えます。トイレや浴室などは金運にまつわるものが多くあります。トイレには汚れが溜まりやすく、便器の中には常に水が溜まっています。便器の蓋を開けておくと湿気によってカビを発生させるリスクが高まるほか、風水の考えでは家の中の金運が水に溶けてしまうといわれています。また、本などを置いてトイレに長居することもおすすめできません。紙には悪い気が溜まりやすく、そうした空間に長くいることで金運や健康運を下げてしまうと考えられています。
また、入浴後はすぐにお湯を抜くことが大切です。これもトイレの水と同様に入浴後の汚れた水に金運が溶けてしまうためです。入浴後にはすぐにお湯を抜いて掃除をしておくことで、浴室内の湿気もたまらずカビの発生なども抑えられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ