洗濯機が詰まった!排水管の水のトラブル

大量の水を使用する洗濯機は、排水が詰まったなど水のトラブルが発生した際には大きな問題を引き起こします。使用するたびに大量の水を排出する洗濯機は、排水環境が整っていることで、初めて使い続けられるようになるでしょう。問題は、この排水が詰まってしまったときです。水が流せる状況を作っていかなければ、設備として使うわけにいかなくなるでしょう。

■大量に水を使う洗濯機

洗濯機は衣類などを洗うために、大量の水を使います。水漏れの被害を最小限に抑えるためにも、排水が詰まって水が流れないよう状況が出たら、まずは洗濯機を止めることです。これだけで排水がストップするため、水が流れ続けるという状態を抑えることができるでしょう。
蛇口から水が供給されているときでも、洗濯機を止めれば、水の供給も止まります。被害を食い止めるためにも、まずは焦らずに行動しなければいけません。
排水が詰まってしまった状況では、周囲に水があふれているでしょう。まずは、この処理を優先しておこないます。その後、何が原因で排水できなくなったのか確かめる必要があります。

■排水ホースと排水口の問題

洗濯機の構造として、使った水は排水口を通じて流していきます。本体から伸びる排水ホースを排水口に接続しますが、排水ホースから水漏れするケースが多くみられます。排水ホースは自由に形状を調整できるよう蛇腹状となっているものが多く、曲げている部分に負担がかかり続けると破れてしまうこともあります。切れた部分から水が漏れているときには、ホースを交換すれば問題はありません。
蛇腹のホースの内部で異物が詰まったいうケースもあります。この場合には、排水ホースから水を排出できなくなってしまうため、洗濯機本体から水漏れするようなケースもあるでしょう。また、排水口で詰まってしまうケースもあります。糸くずや洗剤の汚れが固まり、こびりついて流れが悪くなってしまうことがあるため、定期的に点検して掃除もしなければいけません。これだけでも、洗濯機からの水漏れのトラブルは予防できるでしょう。

■まとめ
洗濯機が使う水の量は、数十リットルにも及びます。そのため、一度水が漏れだしてしまうと、大量の水が漏れ続けることにもなりかねません。洗濯機内部の電子基板に水がかかってしまえば、水漏れの問題だけでなく洗濯機の故障にもつながります。
水漏れ防止のためにも、日常的な点検が大切です。何か音がしたり、普段と違う部分が見つかったときには、水のトラブル防止のためにも、異常のあった部分の確認をすると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ