止まらない水のトラブルは蛇口の交換も

水を使っている以上、水のトラブルはいろいろと起きます。だれでも、一度は経験するのが蛇口で起きる水のトラブルでしょう。わずかに漏れていく状態もありますが、まったく水が止まらないことも起きます。当然水道代も無駄に消費してしまいますし、周りにも影響を与えてしまう状態です。蛇口の構造さえ知っていれば、消耗品を交換するだけで止まる可能性もあります。

■蛇口から水が止まらない

蛇口から出てくる水が止まらないのは、内部に原因があるのはまちがいありません。構造としては、水を遮り調節するためのコマと弾力性を活用してコマを押し出し、部材同士の隙間も塞ぐパッキンがあります。この二つは構造的に消耗品で、定期的に交換しなければいけません。ゴムでできたパッキンは、水にさらされることで劣化して弾力性を失っていきます。コマも摩耗していくため、いずれ密閉できなくなるものです。
ツーレバー水栓であれば、交換はそこまで難しいものではありません。必要となる工具はモンキーレンチやマイナスドライバーとなり、交換用のパッキンとコマがあればできるでしょう。ほとんどの蛇口は特殊な形状の工具が必要とならないからです。

■耐用年数が過ぎたら蛇口 交換を考える

水が止まらない状況は、パッキンやコマだけが原因ではないこともあります。自分で消耗品を購入する際に、間違ってサイズの違うものを購入してきたときも、水はうまく止められません。ツーレバー混合水栓のように、カートリッジを交換しなければいけないものもあります。
蛇口にも耐用年数があり、寿命を迎えてしまったような場合、パッキンやコマを交換しても水は止められません。10年程度といわれていますが、金属としても摩耗が起きるようになり、どうしても水が漏れてくることがあります。
蛇口本体にも問題が出てきているため、交換しなければなおりません。同じ形状の蛇口との交換だけであればどのように取り付けられていたか確認しながら交換できるため問題がありませんが、形状のことなる高機能な蛇口を取り付けるのであれば、専門業者を依頼した方が良いでしょう。

■まとめ
蛇口のトラブルは、パッキンやコマだけであれば、そこまで大きなことではありません。しかし、本体的な問題があれば、簡単に修理ができなくなります。特に現在普及してきた高性能な蛇口の場合、修理も簡単ではありません。構造的にも複雑になっており、交換も容易にできないものが出ています。修理や交換を行う際に自分で自信がない時には、専門業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ